「グレー」にまつわる色のはなし

【四十八茶百鼠】

 

みなさんは「四十八茶百鼠」という言葉をご存じですか?

読み方は「しじゅうはっちゃひゃくねず」です。

 

「四十八」の茶系統の色と、「百」の鼠系統色かなぁ?・・・なんて、そんな風に感じるネーミングではないですか。

実は、「四十八」や「百」は色数のことではないのです。

どちらの系統の色数も百以上の色名があります。

とてもたくさんの色数がありますよね。

 

「四十八茶百鼠」というネーミング。これは、単に語呂合わせのようですね。

茶目っ気たっぷりな、江戸っ子の遊び心というものです。

 

なぜ「茶」「鼠」といった、地味な印象の色数がそんなにも存在するのか気になりませんか。

 

--------------------------------------------------

時代は遡ること江戸時代

庶民の間で流行した色のお話です。

 

 

生活が豊かになるにつれ、庶民の生活や着るものが華やかになりつつありました。

 

 

 

奥村政信
奥村政信「駿河町越後屋呉服店大浮絵」

そこで幕府は、「奢侈禁止令(しゃしきんしれい)」を発令することとなるのです。

 

「奢侈禁止令」とは、贅沢禁止し質素倹約をさせることにより、国の財政を潤沢にするというものです。

庶民が着る着物の「色」「柄」「生地」にも規定を設けたのです。

 

 

 ・【許可された素材】:「綿」「麻」

 ・【許可された色 】:「茶色」「鼠色」「藍色」

 

 

想像してみてください!「綿素材で茶色の服」を。

どうでしょうか、とーっても地味ですよね・・・

 

「御上のいいなりになんて、なってられねぇってんでぇ」と、言ったかどうかはわかりませんが。そこで、黙っていないのが江戸っ子です。

 

実は、かなりオシャレさんだった江戸っ子たち!

現代の東京の人々もオシャレですが、これは江戸っ子から脈々と続く気質というものかもしれません。

 

江戸っ子たちは、他の人とは違うオシャレを求めました。

その結果、多彩な色が増えたのです。

現代風にいうところの、カラーバリエーションというやつです。

しかも、この豊富な色数からいうと、かなり微妙な色差となるわけなのですが、それらを見極めていたとは驚くべき色彩感覚です!

 

「茶」「鼠」といったこの地味な色を「多彩」にし、そして「粋に仕立てて流行」させる・・・

それを「粋」に着こなす江戸っ子

 

幕府から、いわば「自由」を奪われた江戸っ子ですが、それをも楽しんでしまうくらいのエネルギーと懐の深さたるや・・・

 

 

逆境に立たされたとき、「今いる場所を嘆いたり、誰かを責めたりしていませんか」そんな江戸っ子からのメッセージが聞こえてくるようです。

発想の転換をしてみると、とんでもなくオモシロいサプライズにつながっいるがもしれませんね。